会長挨拶
会長 西村 康

本年度運営方針と事業計画

会長 西村  康


本年度のバリー・ラシンRI会長は、より良い世界を作ろうというロータリー活動を一層鼓舞するために「インスピレーションになろう(BE THE INSPIRASTION)」をテーマとされ、また2690地区末長範彦ガバナーは、地区スローガンを「チャレンジしよう」とし、最重点目標は「会員増強 各クラブ純増最低 1 人」、さらに 8 項目の重点目標を掲げられました。これらのテーマや目標を念頭に、地区目標の達成に向けて努力をしてまいります。

松江ロータリークラブは、昭和27年 9 月15日に岡山ロータリークラブをスポンサークラブとして発足し、今年で66年目を迎えます。数年後の70周年に向けて、当クラブの歴史と伝統をもとに、これからの時代に向けて組織や会員の意識の在り方を検討しクラブの「持続可能性」を考えて行かねばなりません。

当クラブの会員数は平成13年の95人をピークに、本年度スタート時点では64人と、約30パーセントも減少してきています。経済状況や社会構造、また若い人たちの意識の変化などいろいろな要因が考えられますが、このままではクラブの活性化や財政面、そしてクラブの持続可能性の面でも大きな問題が生じて来ると思われます。

クラブ運営では、本年度の当クラブの目標として「会員増強と会員親睦」を掲げます。特に会員増強について全員で取り組んで行きたいと考えます。

当クラブは現会員にとっては「居心地のいいクラブ」だといわれますが、それで満足するのではなく新たな会員の入会を促進するために、対外的な奉仕活動や地域へのPR、親睦交流などはどうあるべきなのかを、全員で考える第一歩の年にしたいと思います。

また、本年は不昧公200年祭を記念して当クラブ主催の「高校生茶道交流会」を 8 月26日に開催します。これは私たちの活動を地域へアピールし、ロータリーの認知度を高め、クラブの活性化につなげるためにも、またとない機会となりますので会員全員で成功に向けて協力して行きましょう。

皆様の本年度の活動へのご協力と積極的なご参加を何卒よろしくお願い申し上げます。